2020年10月25日

Stone Sueface

石材のテクスチャー
先週訪れた創芸石材。
そこで目に止まったのはその表面の仕上げのエンボス。
これは「小叩き」と言う手法で、コテの様な物で叩いて仕上げた御影。
These are stone textures.
I visited stone dealer “Sougei" last week.
I recognize for emboss surface.
Following photos are granite surfaces beaten by some special hammer.
We call it "Kotataki finish”.
sou1.jpeg
次のはバーナー仕上げ。
Next is burner finishing.
sou2.jpeg
同じ石材でも、仕上げ方の違いでの表情の差が分かります。
Although these are same stones, we notice a difference of surface.
sou3.jpeg
マーブルやグラニットは鏡面仕上げが一般的ですが、この様な表情はまた違う使い方が出来そうです。
まるで宝探しみたいですが、少し風化した感じも良いですね。
The mirror finish is a common choice for marble and granite.
These surfaces can be used in numerous ways.
It’s like treasure hunting. Weathered surface layer is nice.
sou5.jpeg
posted by フリー at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | テクスチャー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188061356

この記事へのトラックバック