2020年04月27日

The trend of concrete

毎年9月にBolognaで開催されるセラミックの展示会Cersaie、2014年から継続して視察しています。
コンクリートは何にでも合う質感として色んなシーンで使われてますが、セラミックタイルの技術の進歩で大判化、リアルな質感の表現が進み、様々なタイプのコンクリート柄が出て来てます。
今回、2014年からどの様な柄が出て来たのか振り返ってみます。
Cersaie, international exhibition of ceramic tiles held on September every year in Bologna Italy and I have been attending since 2014.
Concrete is used variously in several areas as its surface go with everything.
Due to recent advance of ceramic tile technology, it is become popular for size up and realistic texture. Different types of concrete patterns are available.
Let look back to the trend in last few years.
2014
2014.jpg
2015
色んな表情が微妙に見え隠れしてます。
We can see various surfaces in it.
2015.jpg
2016
これは金属っぽい感じもします。
I felt a bit like metal surface.
2016.jpg
2017
2017.jpg
2018
これも表情が豊かです。
It has rich texture.
2018.jpg
2019A
上質な感じで、色んなシーンで使われそうです。
Looks superior image and can use in various scenes.
2019A.jpg
2019B
化石調。どんな柄でも作れますね。
It looks fossil pattern.Ceramic can make any pattern.
2019B.jpg
posted by フリー at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | テクスチャー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187423809

この記事へのトラックバック